風水と観葉植物の関連性

風水で重要な観葉植物

万物には良い気と悪い気があるという考えが風水であり、家の中の配置や物などによって運気が決まると言われております。
その中でも観葉植物は生き物であり、特に良い気を取り込むには適したアイテムと言われています。

ただ観葉植物にもいくつもの種類があり、葉っぱの形や生えてくる向きによって、気が分類されて、適材適所に置くことが重要と言われます。
そしてどんなに良い配置で良い気を取り込むようにしたとしても、観葉植物に埃がかかり汚れていると良くないので、設置したら手入れして奇麗にしてあげるべきです。

・葉の形
補足尖った葉は鋭い気を発生させ、ベッドや椅子など人がよくいる場所には置かないようにしましょう。
丸い葉は穏やかで気を落ち着かせるので、人のそばに置くとリラックス効果を発揮します。

・葉の向き
葉が上向きの植物は陽の性質で、活発な気を発揮させます。
葉が下向きの植物は陰の性質で、気を優しく静める効果があります。
陽の気によって運気をあげて、陰の気によって悪い気を静めるという使い方をします。

風水を意識した置き場所

・玄関
玄関は気を迎える場所であり、幸運の気を取り入れる場所です。
そのために背が高く悪い気の進入を防いでくれる観葉植物を置くのが理想です。
そして補足尖った葉の観葉植物や、陽の気をもつ観葉植物を選び、日陰になる場合は定期的に日光浴をさせる必要があります。

・リビング
家庭運に影響する場所であり、家電製品を多く置きすぎると良い気を乱すと言われています。
丸い葉の陰の観葉植物がおすすめであり、リビングのスペースに合わせて適度な大きさの鉢を3個ほど置くと良いです。

・キッチン
コンロなどの火と水道の水の気を持っている場所であり、陽の気を持った観葉植物を置きましょう。

・トイレや浴室
悪い気が溜まりやすい場所であり、金運や健康運に関係していると言われています。
気を落ち着かせる丸い葉の観葉植物がおすすめです。

・寝室
就寝中に運気を取り込み溜め込む場所であり、全体運や仕事運を上げるのに、玄関の次に重要と言われています。
陰や丸い葉の観葉植物を置くと良いです。

種類別効果

・モンテスラ
丸みを帯びた葉がリラックス効果をもたらし、金運アップや邪気払いに良く、室内の南と南西、北西の角に置くと気を静める効果があります。
暑さや寒さにも強いので、トイレやリビングにおいても良いです。

・ユッカ
葉が尖っているので、邪気を払い魔除け効果があります。
金運や仕事運をアップする効果も期待できるために、書斎などにおいても良いです。

・パキラ
お金を生み出す木、または商売繁盛の木をして縁起がよいです。
丸みがある葉のために、リビングに置くと家庭調和の効果を生み出し、書斎に置くと仕事運アップにもなります。

・ドラセナ
陽の気を持つとされており、部屋の隅に置くと気の停滞を防げます。
幸福の木とも呼ばれており、開運や金運アップの効果もあります。