中野ってどんな街なの?

CV064

独自のカルチャー

住みたい街の上位にランクインすることの多い中野がどのような街なのかを紹介しましょう。
中野といえばサブカルの聖地ともいえる中野ブロードウェイや結婚式やコンサートなどの会場として知られている中野サンプラザなど全国的に知られている有名なスポットが集まっています。
常に人通りがたくさんあって、駅前には商店街が形成されていて活気があります。

中野は東京23区内では西武に位置しており、こちらに住んでいる人の数は30万人程度です。
中野駅には中央総武線と東西線が乗り入れていて、始発電車が多数あります。
こちらから新宿や千葉方面まで直通でアクセスできるという利点があります。

また、丸ノ内線や新宿線、大江戸線も区内を通っているためアクセスが便利な場所です。
駅前には中野サンモール商店街や南口本通りアーケード街といった大きな規模の商店街があります。
商業施設として有名な中野ブロードウェイではマンガやアニメのアイテムを揃えているまんだらけを中心にいろいろな店舗が出店しているため多くのアイテムを揃えることができるエリアです。

また、中野サンプラザにおいては有名なアーティストが多数コンサートをしています。
中野駅の北口には中野四季の都市が整備されており、中野セントラルパークがあって、他にも明治大学と平成帝京大学のキャンパスもあります。
このような特徴のある街なのですが、住みやすい街として有名です。
中野の良さについてはこちらのサイトでも解説されています。
>>中野での一人暮らし体験談!住みやすさや治安は!?|飽くなき探求心 気になる情報発信ブログ

中野の特徴

中野に住んでいる人の半数以上が単身世帯とされており、特に20代の人口がかなり多いです。
若者の街と知られており、若い人が住みやすい環境が整っているのです。
最近は再開発が活発に進められており、そのおかげで街全体がキレイになっています。

交通の利便性が高くて、なおかつコストパフォーマンスに優れたお店や物件が多いです。
昔ながらの商店街には活気があり、地元を盛り上げています。
若い女性にも暮らしやすい街であり、そのため今でもどんどん人気が高まっているのです。

再開発によって昔とは街の姿が変わっていて、それによって多くの人口が流入してきたそうです。
どんどんいろいろなイベントが開催されていて、中野に人が集まりやすい状況となっています。
とてもオープンな地域であり、コミュニティの中に入りやすくて、いろいろな人と関わりながら楽しく生活ができるでしょう。

横のつながりができやすいという特徴があり、一人暮らしの方であっても寂しい気持ちにならないで済みます。
今後もどんどんいろいろなものを取り入れていき、街として発展していくことが確実視されています。
住みやすい街として今後も注目されるため、興味のある方は今のうちにいろいろな情報を集めておくと良いでしょう。