浦和の魅力を徹底紹介!

HK191_72A

賑いがあり、治安も良い

浦和はかつては浦和市として存在していたのですが、今では合併によってさいたま市の中に組み込まれています。
かつては文教都市とされていて、有名な学校がたくさんあり、アクセスが良くて、駅周辺は栄えているというイメージがありました。

それは今でも変わらなくて、また、浦和といえばサッカーが盛んな地域としても知られています。
浦和レッズの本拠地であり、若者だけではなくて中高年の方も浦和レッズを応援しているほどです。
浦和駅の近くには銀行がたくさんあり、さいたま市役所は浦和駅から歩いて15分ほどのところにあります。

浦和駅の西口には商店街があり、こちらには夜まで営業しているお店がたくさんあって、常に明るくて賑やかです。
また、浦和レッズの試合のある日には、こちらにサポーターが集まり、飲食店で応援をしている光景が目立ちます。
浦和駅の東口には小さな飲食店が少し立ち並んでいて、大きな道が通っており、比較的明るい雰囲気があるため、夜でも女性は安心して歩けるでしょう。
地元に人達を中心として夜は賑わう街であり、常に賑やかな雰囲気に包まれていて、治安は良いです。

浦和の魅力とは

浦和駅の西口を出てすぐのところには百貨店があり、こちらでいろいろなものを買い揃えることができるでしょう。
東口にはパルコがあり、こちらにはさまざまなお店が入っていて、映画館やレストランまであります。
駅の周辺には幼稚園や小学校、中学校が揃っており、高校や大学もあります。

そのためとても学生の多い街であり、駅の周辺には常にたくさんの人が集まっています。
浦和には大崎公園というとても大きな規模の公園があり、そちらには複合遊具施設が整備されています。
そのため多くの子供が集まりやすい環境となっており、釣りができる場所まであります。

駐車場は400台まで駐車することができて、しかも無料で利用できるため安心して車で訪れましょう。
こちらの公園にはこども動物園があり、無料でいろいろな動物を見て回ることができます。
可愛らしい動物の宝庫であり、子供から大人までが楽しめる施設となっています。

浦和駅はとてもアクセス良好であり、宇都宮線や高崎線、京浜東北線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが通っています。
そのため都心までのアクセスに優れており、こちらから都心まで通勤や通学している人はたくさんいます。
京浜東北線を使うと、繁華街である秋葉原まで31分、浜松町まで39分で行くことが可能です。

東北本線を利用すると上野駅まで19分であり、東京駅までは26分となっています。
このように魅力的な要素が浦和にはたくさんあるため、こちらに住みたいと思っている方は多いです。