女性の一人暮らしにもおすすめ!浦安の住みやすさについて

FW087

緑もたくさんある

浦安といえばディズニーランドがあることで有名なのですが、こちらは住みやすい街としても知られています。
浦安は千葉県の北西部に位置しており、東京都の江戸川区に隣接しています。
人口は約17万人となっていて、市域の大部分は埋立地となっています。

開発計画は昔から進められてきており、それによって住みやすい街が実現しています。
道路が広くて、緑の豊富な公園があり、とても環境が良いため、多くの人達から住みやすい街として認識されているのです。
都内へは簡単に通勤や通学をすることができて、今では人気の街の一つとなっているのです。

浦安市が誕生したのは昭和56年のことであり、昭和の中頃から後期にかけて都市化が進みました。
かつては漁業の町だったのが、地下鉄が開業して、埋立地が開発されたことによって、都市化を実現したのです。
東京ディズニーランドができたのは昭和58年となり、それから周辺に次々とリゾートホテルが誕生したことによって、これらが街のランドマークとなっています。

浦安の魅力

まず浦安市は深夜まで営業しているようなお店がたくさんあるため、夜になっても街は明るいです。
大通りは常に明るい環境が整っているため、女性が一人で暮らしていたとしても危険を感じることはあまりありません。
スーパーや飲食店、コンビニ、銀行などはたくさん営業しているため、これらがなくて困るようなことはありません。

注意点としては舞浜駅の近くには、生活に便利な施設はあまり整っていないため、浦安市内ではこれ以外のエリアで生活すると良いでしょう。
浦安駅と新浦安駅の周辺が一番暮らしやすい環境が整っているエリアです。
たとえば、新浦安駅の近くにはショッピングセンターがあり、とても便利です。

図書館は市内に7つあり、主なメガバンクは揃っていて、郵便局もあります。
子育てしやすい環境も整っていて、こちらでは子育て支援パスポートというものがあり、協賛店でいろいろなサービスを受けられるようになっています。
チーパスというものもあり、こちらも子育て家庭を優先してくれるカードです。

浦安市総合公園という広々とした公園があり、こちらには芝生広場があるのが特徴的です。
公立の公園なのですが、さまざまな施設が充実していて、とても立派な場所です。
もちろん東京ディズニーリゾートがあるため、そちらに足を運んでも良いでしょう。

浦安市に住んでいるのであれば、日本一のリゾートパークに気軽に遊びに行くことができます。
こちらは都心に近いため家賃相場はそれほど安くないのですが、それでも都内と比較すると割安となっています。