都内の「穴場エリア」の家賃

HG199_72A

狙い目はココ

東京には穴場といえるようなエリアがあるのですが、そちらの家賃がどうなっているのか紹介しましょう。
まず北千住駅は穴場とされており、東京駅まで23分でアクセスできて、家賃相場は7.4万円となっています。
北千住駅には東武線や千代田線、日比谷線、つくばエクスプレス、JRの5路線が乗り入れていて、都内でも有数の一大ターミナルとなっています。

鉄道路線の利便性がとても高いという特徴があり、都内の各地へ気軽にアクセスすることができるのです。
現在は大学のキャンパスがあり、学生がたくさんいて活気の溢れる街に変貌しています。
大規模なマンションの開発も進められていて、再開発が進行中なのですが、それにも関わらず今の家賃相場はまだそれほど高くなっています。

これからはどんどん家賃相場が高くなっていくことが予測できるため、今のうちにこちらに暮らしておくと良いでしょう。
次に穴場とされているのは東京都北区にある赤羽駅であり、こちらの家賃相場は7.6万円となっています。
赤羽駅には京浜東北線や埼京線が停車し、上野駅までは2駅、東京駅までは3駅でアクセスすることもできます。

複合商業施設があり、北区は子育てに力を入れているという特徴があるため、おすすめのエリアなのです。
ファミリー層にとってはとても暮らしやすい環境が整っていて生活しやすいでしょう。

その他の穴場エリア

神奈川県川崎市の武蔵小杉駅は東京駅まで18分でアクセスできて家賃相場は8万円となっているのですが、最近は穴場エリアとして注目されています。
再開発が進んでいて、とても生活しやすい環境にどんどん変化してきているのです。
東京都の中野区にある中野の街は東京駅まで19分、家賃相場8万円なのですが、こちらも再開発によって徐々に暮らしやすい街に変貌しています。

新宿駅まではなんと5分でアクセスすることができて、着々といろいろな施設の建設が進行中となっています。
基本的に穴場となっているエリアのポイントというのは再開発であり、これまであまり暮らしやすいイメージのなかった地域であっても、これからは再開発で環境が大きく変わることが予想できるのです。
イメージがそれほど良くないエリアは家賃相場が安くなっているのですが、これから再開発を控えている場合にはどんどん環境が良くなっていき、家賃も高くなっていくことが予測できます。

そのため穴場的なエリアとしてあまり注目されていないときに移り住むのがベストなのです。
その他のエリアとしては、小竹向原や池袋、蒲田、海老名、練馬などが穴場だと思われています。
また、このようなランキングで穴場であるという回答がされていないような駅の中にも本当の穴場が隠されていることがあるため、いろいろな情報を集めてみましょう。