「住んでいたらモテそうな街」その家賃相場について

HG009_72A

住んでいる場所を自慢したい

東京にはいろいろな街があるのですが、その中でもモテそうだと思われる街というのがあります。
そこに住んでいるだけで異性から魅力的に思われるようになり実際にモテてしまうような、そんなイメージの良い街があります。
そういう街はどのくらいの家賃相場となっているのかを紹介しましょう。

まず最もモテそうだと思われている街は渋谷区にある恵比寿であり、こちらは家賃相場が約12万円となっています。
都内でもかなり家賃相場の高い地域であり、一人暮らしであっても12万円以上の家賃がかかるのが普通なのです。
次にモテそうだと思われているのは渋谷であり、こちらも家賃相場は12万円程度となっています。

次は港区にある表参道であり、こちらは家賃相場が約13万円です。
4番目は目黒区にある中目黒であり、家賃相場は11万円となっています。
吉祥寺は武蔵野市にあり、モテそうな街の上位に入ることが多いのですが、家賃相場は7.5万円とかなり安くなっています。

若者の街として知られており、比較的家賃の安い物件が多いため、気軽に暮らせるでしょう。
自由が丘も人気の高い街ですが、こちらは家賃相場が9万円となっています。
他には代官山や目黒、東京、青山一丁目といった街がランクインしています。

モテそうな街の特徴

モテそうな街にランクインしているのは、どれも都会的であり、おしゃれであり、多くの人がそこに住みたいと憧れているような街です。
東京の都心部にあり、繁華街があるような街がモテると思われているのです。
繁華街の近くにあるためにどうしても家賃相場が高くなってしまいます。

モテそうな街の上位に入っている中には恵比寿や中目黒、代官山といったおしゃれな街があるのですが、これらの街は駅から少し離れたところにも隠れ家的なお店があったり、おしゃれなお店が隠れていたりしています。
メディアで取り上げられるようなお店もたくさんあり、まさにおしゃれな街なのです。
青山通沿いにある渋谷や表参道、青山一丁目といった街は流行の最先端を進んでいる街であり、まさにモテる街といえるでしょう。

基本的にモテそうな街と住みやすい街というのは別物であり、モテそうな街は家賃相場が高いです。
これには理由があり、家賃相場が高いということはそれだけお金を持っていそうというイメージがあり、お金を持っている方は当然モテやすいのです。
ただし、モテそうな街の中にも家賃相場の低い吉祥寺と自由が丘が含まれているため、この2つに関しては家賃にあまりお金をかけられないけどモテたいという方にはおすすめできます。
東京でどこに住むのか決める際にはモテるかどうかという視点を持ってみると良いでしょう。